午前零時の共犯者

午前零時の共犯者 / ひやしうどん

ページ数・曲数など
主な作家
作品のサイズ
カップリング
発行イベント名
印刷方式
その他のタグ

ひろラハ小説。
過度なネタバレはありませんが、6.0以降をイメージした時間軸になっています。
ご注意下さい。


目覚めたベッドの上には、生まれたままの姿のラハがいた。
動揺するひろしの前で、ラハはニヤリと笑う。
「パッパヤー! どっきりでした!」
酔いつぶれたひろしを介抱するうちに、彼はいたずらを思いついたらしい。
ほっとした反面、なぜか頭から彼のことが離れなくなってしまうひろし。
その日から、ラハの姿を夢にみるようになってしまう。
生々しさを増していく夢は、まるで現実に起こったことのように思えて。
そんな折り、あのラハの首筋にキスマークがあるという噂が町に流れ始める。
「あ、相手は! 誰だ! お父さんは許しませんよ⁉︎」
動揺するひろしは、ラハの首筋に痕をつけた相手を探そうとする。
けれど、調査はうまくいかず本人にも尾行がバレてしまう始末。
落ち込むひろし。自分はラハを、どう思っているのか。
そんな中、任務中にラハと連絡が取れなくなったという知らせが飛び込んできて……。

「短くない時を、共有してきた。その中で、色々なことを知った。だからこそ、余計に考えちまうんだよ。あいつには、あいつの人生があるんだってな」

それは、現か、幻か。

サークルの他の作品を見る
タイトル 午前零時の共犯者
サークル ひやしうどん
種別 同人誌
対象年齢 成人指定
価格 990円 (税抜:900円)
発行日 2022年09月11日
サイズ区分 M
Sold out

売切れ

サンプル画像
午前零時の共犯者 午前零時の共犯者 午前零時の共犯者
午前零時の共犯者

「ファイナルファンタジー14」ジャンルの商品ランキング