チェイサーゲーム (2)

チェイサーゲーム (2) / 一般書籍

ジャンル: 一般コミック
このジャンルの他の作品を見る
主な作家
作品のサイズ

「コミュニケーション能力が不足したら何だって言うんですか」

 新堂龍也はインターシップで研修にきた黒田が周囲とコミュニケーションを取らず、自分の作業域しか見ることができないことを気にする。ゲーム制作とコミュニケーションの関係性を黒田に教えようとするが、なかなか伝わらず悪戦苦闘。そしてついに、研修最終日を迎えてしまう。果たして、黒田はゲームクリエイターの仕事をどう思うのだろうか。

「俺は――
絶対にゲームクリエイターに……」

また、第一部の終わりとして、いままでゲーム業界があまり触れてこようとしなかった、“エンターテインメント”と“自主規制”をテーマにした、重くリアルなエピソードも展開される。

その他、単行本だけの描き下ろしエピソードとして、龍也の同僚たちの休日を描いた漫画や、原作者によるコラムなども収録。

サークルの他の作品を見る
タイトル チェイサーゲーム (2)
サークル 一般書籍
種別 一般書籍
対象年齢 全年齢
価格 720円 (税抜)
発行日 2019年09月13日
サイズ区分 X
Overseas shipping Available